Site Loader

『廃掃法』廃棄物の処理及び清掃に関する法律 によって定められています。

 

そもそも、廃掃法で定める廃棄物とは……..ごみ、粗大ごみ、燃え殻、汚泥、ふん尿、廃油、廃酸、廃アルカリ、動物の死体そのたの不要物又は汚物。(法第2条より)

但し、廃掃法の対象にならないものもあります。

 

1.港湾、河川等の浚渫に伴って生ずる土砂その他のこれに類するもの

 

2.漁業活動に伴って漁網にかかった水産動植物等であって、当該漁業活動を行った現場附近において排出したもの

 

3.土砂及びもっぱら土地造成の目的となる土砂に準ずるもの。

 

4.動物霊園事業において取り扱われる動物の死体。

 

5.気体状のもの及び放射性廃棄物

・産業廃棄物・一般廃棄物とは?

産業廃棄物とは、事業活動に伴って発生した廃棄物で、法及び政令で指定した20品目をいう。

これに該当しないものは、一般廃棄物として取り扱います。

また、排出後の処理の責任主体や処理方法が異なります。

一般廃棄物は市町村の区域内での処理を原則とし、市町村に統括的処理責任があります。

産業廃棄物は、都道府県を超えた広域移動も認められており、排出事業者に処理責任があります。

産業廃棄物は、産業廃棄物と特別管理産業廃棄物に、

一般廃棄物は、事業系一般廃棄物、家庭系一般廃棄物、特別管理一般廃棄物に区分されます。

産業廃棄物の中には、排出する業種等が指定されているものがあります。
なお、工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた産業廃棄物であって、石綿をその重量の0.1%を

超えて含有するもの(廃石綿等を除く。)は、石綿含有産業廃棄物として扱われます。

・産業廃棄物20品目

燃え殻 事業活動に伴って生ずる石炭がら、灰かす、炉清掃掃出物等
汚泥 工場排水等の処理後に残る泥状のもの及び各種製造業の製造工程において生ずる泥状のものであって、有機質の多分に混入した泥のみを指すのではなく、有機性及び無機性のもののすべてを含む。無機性汚泥の代表的なものはとしては、赤でい、けい藻土かす、炭酸カルシウムかす、廃白土、浄水場の沈殿池より生ずる汚泥等
廃油 鉱物性油及び動植物性油脂に係るすべての廃油を含むものとし、潤滑油系、絶縁油系、洗浄用油系及び切削油系の廃油類、廃溶剤類及びタールピッチ類(常温において固形状を呈するものに限る。)
廃酸 廃硫酸、廃塩酸、各種の有機性廃酸類をはじめ酸性の廃液のすべて
廃アルカリ 廃ソーダ液をはじめとするすべてのアルカリ性廃液(中和処理した場合に生ずる沈殿物は汚泥として取り扱う。)
廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず等合成高分子系化合物に係る固形状及び液状のすべての廃プラスチック類
ゴムくず 天然ゴムのくず(合成ゴムは、廃プラスチック類として取り扱う。)
金属くず 切粉、ショットブラスト(金属のみがきに使用したものに限る。)、スクラップ、ブリキくず、トタンくず、空き缶、鉄くず、鉛管くず、銅くず、アルミくず、研磨くず、切削くず、バリ、ダライ粉等
ガラスくず等、コン ク リ ー ト く ず 及び陶磁器くず ①ガラスくず:廃空き瓶類、板ガラスくず、ガラス繊維くず等
②コンクリートくず:製品の製造過程等で生じるコンクリートくず等
③陶磁器くず:土器・陶器・磁器くず、耐火煉瓦くず等
④廃石膏ボード
鉱さい 鋳物廃砂、サンドブラスト廃砂(塗料かす等を含む物を除く。)、転炉・高炉・平炉・電気炉・溶融炉等の残さい(スラグ)、キューポラのノロ、ドロス・カラミ・スパイス、金属スラグ、不良鉱石、不良石炭、粉炭かす、鉱じん、廃土石類(鉱石の加工の際生じるものに限る。)等
ばいじん 大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって、集じん施設によって集められたもの(電気集じん機捕集ダスト、バグフィルター捕集ダスト、サイクロン捕集ダスト等)
がれき類 工作物の新築、改築及び除去に伴って生じたコンクリートの破片、アスファルト・コンクリートの破片、レンガの破片その他これらに類する不要物
13 号廃棄物 産業廃棄物を処分するために処理したものであって、他の種類の産業廃棄物に該当しないもの(例:有害汚泥のコンクリート固型化物)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※指定された業種等から排出されたもののみ産業廃棄物となるもの

紙くず ①建設業(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)に係るもの
②パルプ、紙又は紙加工品の製造業、新聞業(新聞巻取紙を使用して印刷発行を行うものに限る。)、出版業(印刷出版を行うものに限る。)、製本業及び印刷物加工業に係るもの
③PCBが塗布され、又は染み込んだもの
木くず ①建設業(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)に係るもの
②木材又は木製品製造業(家具の製造業を含む。)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業及び物品賃貸業に係るもの
③貨物の流通のために使用したパレット(パレットへの貨物の積付けのために使用したこん包用の木材を含む。)
④PCBが染み込んだもの要物
繊維くず ①建設業(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものに限る。)に係るもの
②繊維工業(衣服その他の繊維製品製造業を除く。)に係るもの
③PCBが染み込んだもの
動植物性残さ 食料品製造業、飲料・飼料製造業、医薬品製造又は香料製造業において原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物
家畜ふん尿 畜産農業に該当する事業活動に伴って生ずる動物のふん尿
家畜の死体 畜産農業に該当する事業活動に伴って生ずる動物の死体
動 物 系 固 形 不要物 と畜場においてとさつし、又は解体した獣畜及び食鳥処理場において食鳥処理
した食鳥に係る固形状の不要物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成 29 年 10 月1日より、特別管理産業廃棄物に該当しない廃棄物で下記の表の条件に該当
するものについては、水銀含有ばいじん等として、水銀使用製品が産業廃棄物となったものに
ついては、水銀使用製品産業廃棄物として扱われます。

燃え殻、鉱さい、ばいじん、汚泥 水銀※を 15mg/kg を超えて含有するもの
廃酸、廃アルカリ 水銀※を 15mg/L を超えて含有するもの

 

※水銀化合物に含まれる水銀を含む

・水銀使用製品産業廃棄物の対象製品一例

水銀電池・空気亜鉛電池・スイッチ及びリレー(水銀が目視で認できるもの。)・蛍光ランプ(冷陰極蛍光ランプ及び外部電極蛍光ランプを含む。)・HID ランプ(高輝度放電ランプ)・放電ランプ(蛍光ランプ及び HID ランプを除く。)・農薬 ・気圧計  ・湿度計 ・液柱形圧力計 ・弾性圧力計(ダイアフラム式のものに限る。)・圧力伝送器(ダイアフラム式のものに限る。)・真空計 ・ガラス製温度計 ・水銀充満圧力式温度計・水銀体温計 ・水銀式血圧計 ・温度定点セル  ・顔料

・ボイラ(二流体サイクルに用いられるものに限る。)・灯台の回転装置 ・水銀トリム ・ヒール調整装置 ・水銀抵抗原器 ・差圧式流量計・傾斜計 ・周波数標準機・参照電極 ・握力計 ・医薬品 ・水銀の製剤 ・塩化第一水銀の製剤 ・塩化第二水銀の製剤 ・よう化第二水銀の製剤 ・硝酸第一水銀の製剤 ・硝酸第二水銀の製剤・チオシアン酸第二水銀の製剤・酢酸フェニル水銀の製剤

 

※上記製品は、あくまで一例です。上記以外の製品で、水銀又はその化合物の使用に関する表示がされていれば水銀使用製品。

・特別管理産業廃棄物 種類

 

引火性廃油 産業廃棄物である揮発油等、灯油類、軽油類 (引火点70℃未満のもの)
腐食性廃酸 水素イオン濃度指数(pH)が2.0以下のもの
腐食性廃アルカリ 水素イオン濃度指数(pH)が12.5以上のもの
廃酸 廃硫酸、廃塩酸、各種の有機性廃酸類をはじめ酸性の廃液のすべて
感染性産業廃棄物※ 医療関係機関等から排出される産業廃棄物であって、人が感染し、若しくは感染のおそれのある病原体が含まれ、若しくは付着している廃棄物又はこれらのおそれのある廃棄物
廃PCB(ポリ塩化 ヒ ゙ フ ェ ニ ル)等※ 廃PCB及びPCBを含む廃油
PCB汚染物※ 産業廃棄物のうち、PCBが染み込んだ汚泥、木くず、繊維くず、PCBが塗布され又は染み込んだ紙くず、PCBが付着し、又は封入された廃プラスチック類、金属くず、PCBが付着した陶磁器くず、がれき類
PCB処理物※ 廃PCB等又はPCB汚染物を処分するために処理したもので、以下の基準を満たさないもの
①廃油 PCB 0.5mg/kg以下
②廃酸、廃アルカリ PCB 0.03mg/L以下
③廃プラスチック、金属くず、陶磁器くず PCBの付着又は封入が無いこと
・洗浄液試験法(洗浄液:0.5mg/kg以下)
・ふきとり試験法(面積:0.1μg/100c㎡以下)
・部材採取試験法(部材:0.01 mg/kg以下)
④上記以外(汚泥、燃え殻、ばいじん) PCB 0.003mg/検液lL以下
廃水銀等※ ・省令で定められた一定の施設において生じた廃水銀又は廃水銀化合物(水銀使用製品が産業廃棄物となったものに封入された廃水銀等を除く)
・水銀若しくはその化合物が含まれている物(一般廃棄物を除く)又は水銀使用製品が産業廃棄物となったものから回収した廃水銀
・上記の処理物
鉱さい※ 環境省令で定める判定基準(8ページの基準)に適合しない鉱さい又は処
理物
廃石綿等※ 建築物に使用された吹き付け石綿・石綿含有保温材を除去したもの及び石綿建材除去事業で使用した用具類(廃プラスチックシート、防塵マスク、作業衣など)など大気汚染防止法の特定粉じん発生施設の集じん施設で集められた飛散性の石綿など
その他※ ・政令で定められた一定の施設から排出される、環境省令で定める判定基準(8ページの基準)に適合しない、ばいじん、燃え殻、廃酸、廃アルカリ、汚泥又はこれらの処理物
・輸入廃棄物の焼却炉ばいじん、燃えがら、排ガス洗浄汚泥又はこれらの処理物
廃油※ ・政令で定められた一定の施設から排出される、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シスー1,2-ジクロロエチレン、1,1,1‐トリクロロエタン、1,1,2‐トリクロロエタン、1,3‐ジクロロプロペン、ベンゼン、1,4‐ジオキサン (いずれも廃溶剤に限る。濃度には関係ない。)又はこれらの処理物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※特定有害産業廃棄物

 

余談ですが、車のタイヤは、ゴムくずでなく、廃プラスチック類に分類されます。(合成ゴムでできているので)

また、廃棄物の性状、排出の状況、通常の取扱い形態等の状況次第で廃棄物の品目が変わる可能性がありますので、注意!

 

今回はここまでにしますー。

また、分からないことなど下記からコメント頂ければお答えさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

よかったら↓ポチお願い致します。


Post Author: ko-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です