Site Loader

排出事業者、処理業者等は、産業廃棄物を収集運搬又は処分(中間処理・最終処分)を行う
場合には、法令で定める基準に従って処理しなければなりません。
また、排出事業者は、運搬されるまでの間、規則で定める基準に従い保管しなければなり
ません。結構、排出事業者が廃棄物を一時保管する際の決まりがある事を知らないケースが

あるのでここは押さえておいて下さい。

【産業廃棄物が運搬されるまでの間の保管に関する基準】

(規則第8条)

 

※①保管場所は、周囲に囲い(廃棄物の加重がかかる場合は構造耐力上安全なもの)が設け
られ、かつ、見やすい箇所に産業廃棄物の保管場所であることの掲示板(下記)が設置
されていること。

 

<掲示板の規格>

・寸法(縦 60 ㎝×横 60 ㎝)以上であること。

・文字は黒字、下地は白地であることが望ましい。

・文字は読みやすく鮮明であること。

・雨水等によって汚損したり、文字が消えたりするものでないこと。

 

<表示内容>

・産業廃棄物の保管場所である旨

・保管する産業廃棄物の種類(当該産業廃棄物に石綿含有産業廃棄物、水銀使用製品産業廃棄物又は
水銀含有ばいじん等が含まれる場合は、その旨を含む。)

・管理者の氏名又は名称及び連絡先

・最大積み上げ高さ(屋外において、容器を用いずに保管する場合のみ。)

 

 

②保管場所から産業廃棄物が飛散・流出し、及び地下に浸透し並びに悪臭が発散しないよ
うな措置(右記)を講じること。

 

 

<汚水が生ずるおそれがある場合>

・当該汚水による公共の水域及び地下水の汚染を防止するために必要な排水溝その他の設備を設ける
とともに、底面を不浸透性材料で覆うこと。

 

<屋外において産業廃棄物を容器を用いずに保管する場合>

・保管方法及び積み上げ高さの基準は次のとおりです。

Ⅰ.廃棄物が囲いに接しない場合:囲いの下端から勾配50%以下

Ⅱ.廃棄物が囲いに接する場合:囲いの内側2m以内は、囲い高さより50cm以下、2mを超える
部分は、2mの線から勾配50%以下

Ⅲ.使用済自動車及び未プレス解体自動車を保管する場合:囲いから3m以内は、高さ3m以下まで、
その内側では高さ4.5m以下までとなります。
<その他必要な措置を講じること。>

 

③保管の場所には、ねずみが生息し、及び蚊、はえその他の害虫が発生しないようにすること。

 

④ 石 綿 含 有 産 業 廃 棄 物 の 場 合は、下記の措置を講ずること。

・石綿含有産業廃棄物がその他の物と混合しないよう仕切りを設ける等の措置を講じること。

・覆いを設けること、梱包すること等石綿含有産業廃棄物の飛散防止のために必要な措置を講じること。

 

⑤水銀使用製品産業廃棄物の場合は、下記の措置を講ずること。

・水銀使用製品産業廃棄物がその他の物と混合しないよう仕切りを設ける等の措置を講じること。

【収集又は運搬に関する基準】

(令第6条第1項1号)

 

①共通基準

・産業廃棄物が飛散・流出しないようにすること。

・収集又は運搬に伴う悪臭、騒音又は振動によって生活環境の保全上支障が生じない
よう必要な措置を講ずること。

・産業廃棄物の収集又は運搬のための施設を設置する場合には、生活環境の保全上支
障を生じるおそれのないように必要な措置を講じること。

・運搬車、運搬容器及び運搬用パイプラインは、産業廃棄物が飛散し、及び流出し、
並びに悪臭が漏れるおそれのないものであること。

・運搬車の車体の外側に識別しやすい色の文字で、産業廃棄物の収集・運搬車である
旨(約5cm以上の大きさの文字(140ポイント以上=49.196mm以上))、収集・運搬
するものの氏名又は名称等、許可又は認定を受けた者にあってはそれぞれ許可又は
認定番号(約3cm以上の大きさの文字(90ポイント以上=31.626mm以上))を車体の
両側面に鮮明に表示すること。
また、収集運搬証拠書面(氏名又は名称及び住所、運搬する産業廃棄物の種類及
び数量、積載した日並びに積載した事業場の名称及び連絡先等を記載した書面、産
業廃棄物管理票、許可証又は認定証の写し等)を備え付けておくこと。

 

<自動車リサイクル法に基づく使用済自動車の運搬等、一部例外あり。>

・船舶を用いて産業廃棄物の収集又は運搬を行う場合には、産業廃棄物の収集・運搬
船である旨、収集・運搬するものの氏名又は名称等、許可又は認定を受けた者にあ
ってはそれぞれ許可又は認定番号を船橋の両側(船橋のない船舶にあっては、両げ
ん。)に鮮明に表示すること。
また、収集運搬証拠書面(運搬車の場合と同じ。)を備え付けておくこと。

・石綿含有産業廃棄物の収集又は運搬を行う場合は、石綿含有産業廃棄物が破砕する
ことの無いような方法により、かつ、その他の物と混合するおそれのないよう区分
すること。

・水銀使用製品産業廃棄物の収集又は運搬を行う場合は、水銀使用製品産業廃棄物が
破砕することのないような方法により、かつ、その他の物と混合するおそれのない
よう区分すること。

 

 

②積替えを行う場合の基準 (①+②)

・周囲に囲いが設けられ、かつ、産業廃棄物の積替えの場所であることの表示がされ
ている場所で行うこと。

・積替えの場所から産業廃棄物が飛散し、流出し、及び地下に浸透し、並びに悪臭が
発散しないような措置を講じること。

・ねずみが生息し、及び蚊、はえその他害虫が発生しないようにすること。

・石綿含有産業廃棄物の積替えを行う場合、積替えの場所には、石綿含有産業廃棄物
がその他の物と混合しないよう仕切りを設ける等の措置を講じること。

・水銀使用製品産業廃棄物の積替えを行う場合、積替えの場所には、水銀使用製品産
業廃棄物がその他の物と混合しないよう仕切りを設ける等の措置を講じること。

 

 

③収集又は運搬を行うために保管を行う場合の基準 (①+③)

 

・産業廃棄物の保管は、積替え(下記の「積替えに係る基準」に適合するものに限る。)を
行う場合を除き、行うことはできません。

Ⅰ.あらかじめ、積替えを行った後の運搬先が定められていること。

Ⅱ.搬入された産業廃棄物の量が、積替えの場所において適正に保管できる量(平均搬出量の
7日分以内)を超えないこと。ただし、自動車を保管する場合及び船舶を用いて運搬する
場合であって、船舶の積載量が平均搬出量の7日分を超える場合はこの限りではない。

Ⅲ.搬入された産業廃棄物の性状に変化が生じないうちに搬出すること。

Ⅳ.石綿含有産業廃棄物の保管を行う場合は、石綿含有産業廃棄物がその他の物と混合しない
よう仕切りを設ける等の措置を講じること。

Ⅴ.水銀使用製品産業廃棄物の保管を行う場合は、水銀使用製品産業廃棄物がその他の物と
混合しないよう仕切りを設ける等の措置を講じること。

・保管を行う場合には、下記に掲げる要件 を 満 た す 場 所 で行うこと。

 

※①の保管に関する基準を満たすと共に、掲示板には当該場所において積替えのために
保管することができる産業廃棄物の数量を表示したものであること。

 

また、分からないことなど下記からコメント頂ければお答えさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

よかったら↓ポチお願い致します。


Post Author: ko-

One Reply to “第3回 産業廃棄物の保管・収集運搬基準”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です